夏の終わり、金魚鉢

-Natsu no owari Kingyobachi-

夏の終わりに見た 夜空に咲く花が白く犯してく

初めて交わした事すべてが 今も中に残ってる

「どうしてよ…」

だってあなたはきっと私を帰しても 寂しいなんて思わないはずでしょ?

消えてしまう 消えてしまう その前にあなたの言葉で刺してよ

消費していく呼吸 肺に残ってる空気 あと僅か

恋に溺れてく哀れな魚が 今泳ぐのをやめた

「さようなら…」

待ってって本当はきっと そう言って引き止めてよ 寂しくて狂って見せてよ

嘘でもいい 嘘でもいい 過ちは過ちのまま綺麗でいて

だってあなたもきっと 何かを失ったまま 気づかないふりしているんでしょ?

消えてしまえ 消えてしまえ 目の前不埒なガラスのフィルター

「 壊してよ…」

https://linkco.re/Y3btmXEE